多数の生徒に勉強を教えたい場合は集団塾

教えたい生徒の数によって塾を決める

塾講師として活躍する時に、まず決めなければいけないのがどの塾で働くかという事です。ここで大事になるのがもし多数の生徒に勉強を教えたい場合には、集団塾を選ぶ事です。逆にマンツーマンで教えたい場合だと、個別指導塾の方が生徒に勉強を教えやすいと言えます。このように、自分に合った塾を選ぶ事が一番大事になります。集団塾の場合は、一クラス10人以上という事も珍しくなく、多い所だと30人以上の生徒を目の前にして勉強を教える事が可能です。

つまり、一度に多くの生徒の学力を向上させる事が出来るのでやりがいをもって塾講師として活躍する事が出来ますよね。多数の生徒に勉強を教えたいのにマンツーマン指導だと物足りなさがありモチベーションが下がる可能性があります。

集団塾で必要なスキル

多数の生徒に勉強を教えたい場合は、集団塾で働く方が合っています。しかし、集団塾で必要なスキルを身に付けないと上手く生徒に勉強を教える事が出来ないのでそのような事がないようにしっかりと準備していく事が必要です。では、どのようなスキルが必要になるのかというと、まずは生徒の質問にしっかりと答えられるようにしておく事です。そのためには、自分の学力を伸ばす事が大事ですし、生徒に分かりやすい言葉づかいで質問に答える事も必要ですよね。

また、塾に通っている生徒の中には授業中さぼる人も存在します。さぼるとその生徒の学力がなかなか向上しないので、さぼっている生徒がいたら注意したり、後で補習をしたりなどの対策も大事になります。

© Copyright Choosing Lecturer. All Rights Reserved.