マンツーマン指導が好きなら個別指導塾

他人の目が気にならないのは大きなメリットです

マンツーマン指導の場合、講師と生徒が一対一で向き合うことになりますので、生徒に合わせたカリキュラムを組むことが出来ます。理解度によって進み具合を調整したり、苦手な部分を徹底的に行ったりと、生徒の希望に沿った形で授業を行うことが出来るのは大きなメリットですよね。生徒の中には、大勢の前で発言するのが苦手なタイプや、授業を中断させることを気にして、分からなくても質問をせずにやり過ごしてしまう子もいます。せっかく塾に通っているのに、その環境を最大限に活かせないのは、もったいないですよね。その点、他人の目が気にならない個別指導塾であれば、講師がしっかりと見てくれるので安心です。目の前の生徒一人に集中する形になるので、手厚いサポートを受けることが出来ますよ。

講師との相性が大切です

マンツーマン指導で大切なのが、講師と生徒の相性です。教え方は良いけれど、合わないという場合もありますし、反対に、人としては好きだけれど、教え方が合わないという場合もあります。こればかりは実際に授業を行ってみないと分からないことですが、大人数の塾と違い、個別指導の場合には生徒と講師の二人しかいません。相性が合わない場合の弊害は大きいと言えるので、注意が必要です。合わない場合には、講師の変更が可能なのかどうか、ある程度の期間ごとに、講師と生徒の関係を見直す仕組みがあるのかどうかといったことを、予め確認しておくことも大切です。また、講師と合わない場合、言い出せる生徒ばかりではないので、周りがフォロー出来る体制や環境を整えておくことも欠かせません。

© Copyright Choosing Lecturer. All Rights Reserved.