高校卒業レベルの学力がある事が大事

塾講師の仕事内容を知る

子ども達に勉強を教えたい!そんな気持ちを持っている人におすすめなのが塾講師というお仕事です。でも塾講師になるためには、どのレベルまで学力が必要なのだろうと不安になる方が多いと思います。そのためには塾講師の仕事内容を知る必要があります。
学習塾には、小学生、中学生、高校生といった様々な年齢の生徒がいます。講師は生徒の宿題のフォローをしたり、定期テスト対策、さらには受験対策などの指導をしなければなりません。また、常に同じ生徒を指導するというわけではなく、その塾に通っている様々な生徒の勉強を見なければならないということもあります。このように、塾講師の仕事はかなり多く、てきぱき頭を切り替えていくことが必要です。

塾講師として求められる人材

講師が担当する生徒は決まっているのが通常ですが、その担当する講師が急遽用事で不在となると、他の講師がその生徒の勉強を指導しなければなりません。このため、講師はその塾に通う全ての生徒の勉強を指導できるレベルの学力、すなわち高校卒業レベルの学力が求められます。特に学習塾に通う高校生は大学受験を目指していることが多いため、大学受験を経験した人であることが望ましいでしょう。 また、講師は生徒に対して勉強を「教える」という仕事なので、その内容をわかりやすく生徒に伝えるという能力も必要です。特に高校生が勉強する内容は難しく、行き詰ってしまう生徒が多いです。これを噛み砕いて説明するためにも、高校卒業レベルの学力が必要となってきます。 このように塾講師となるためには一定の学力が必要ですが、生徒に理解してもらえた時に喜びを感じることができ、やりがいのある仕事であることは間違いありません。

小学生の塾は、個々の生徒の習熟度ややる気に応じて主要教科の授業を行ったり、中学受験の筆記試験や面接の対策をしたりするところが多くあります。

© Copyright Choosing Lecturer. All Rights Reserved.